活力」カテゴリーアーカイブ

新年あけましておめでとう!今年は夫婦仲良く

精力を付ける年にできたら嬉しいよ

 

毎年この年明けになると、今年も子供はできるのか?

ダンナとの性生活はどうなのかと心配になる。

若いころは、思うように遊んでいただけで良かったが、今年はアルギニンをたくさん飲ませようとか、マカをたくさん摂取させようとかwそういうことばかり気になってしまう自分が嫌だ。

 

20才を過ぎてから出現する、治りにくい“大人のニキビ”の社会人が増加している。

 

10年という長い間この大人ニキビに悩まされてきた多くの女性が皮膚科の医院にやってきている。

メイクアップでは目立たなくすることに重きを置かず、メイクアップを介して最終的には患者さん本人が自分の容姿を認め、復職など社会生活への新たな一歩を踏み出すこと、かつQOLをもっと高めることを理想に掲げています。

美容外科というのは、要するに外科学の一種で、医療に主軸を据えた形成外科学(plastic surgery)とは違う。また、整形外科と混同されやすいのだがこれも分野の違うものである。

患者さんによってお肌の性質は違いますし、

先天性の要素によるドライ肌なのか、後天性のものによるドライスキンなのかというタイプによって治療方針に関わってきますので、最大限の配慮が必要です。

 

今年は少しメイクを変えてみようか。

メイクアップの欠点:皮ふへの影響。毎日するのは面倒でたまらない。

 

化粧品代がやたらとかかる。

物理的刺激で肌が荒れる。

お直しやフルメイクをする時間の無駄だ。

押し戻してくる弾むような皮ふのハリ。

 

これを保持しているのは、あのコラーゲン、つまりはタンパク質なのです。

バネの機能を持つコラーゲンが安定して皮ふを持ち上げていれば、たるみとは無縁でいられます。

メイクアップの短所:涙が出てしまうとまさに修羅のような恐ろしい形相になる。僅かに多くなっただけで下品になったりみすみす地雷を踏んでしまうことになる。顔立ちをごまかすのには限界というものがあること。

スカルプは顔の皮ふと一続きになっており、額までの部分を頭皮と等しいものと捉えるのはまだあまり知られていません。

 

加齢に伴って頭皮が弛むと、フェイスラインのたるみの主因になります。

「デトックス」術にリスクや課題は無いと言えるのだろうか。そもそも体の中に溜まってしまう「毒素」というのは一体どんな物質で、その「毒素」は「デトックス」の力で排出されるのだろうか?

現代社会に生きるにあたり、体の内部には人体に良くない影響を与える化学物質が取り込まれ、あろうことか己の体内でも老化を促すフリーラジカルなどが生まれていると報じられているらしい。

 

ホワイトニングとは、黒色色素が少ない、より一層白肌を志すというビューティー分野の観念、及びそのような状態の皮ふそのものを指している。

 

主に顔面の皮膚について使用されることが多い。

 

内臓を元気にするということは食生活、つまり精力も元気になる

内臓の元気の度合いを数値で確認することができる便利な機械があります。

『ノイロメーター』と名付けられた機械で、人の自律神経の様子を調べることで、内臓の疾患が把握できるというのです。

デトックスというものは、人間の体の中に溜まっているありとあらゆる毒素を排除させるという古くからの概念を継承した健康法でダイエット法というよりも代替医療に類別されている。「取り除く=解毒」という意味を持つ「detoxification」の短縮形であり、大元の単語とは若干ニュアンスが違っている。

どうにかできないものかと考えた挙句にやみくもにフェイシャルマッサージをする人がいらっしゃいますが、こと目の下は敏感で弱いので、ただただ擦るように力任せのマッサージであればしないほうが無難です。

美容誌においてリンパ液の滞留の代名詞みたいに説明されている「むくみ」には2つに大別すると、体の中に病気が潜伏している浮腫と、何も病気を持っていない健康な人でもよく起こるむくみがあるのだ。

いい加減にしてほしいことは朝からその気になれるかどうか!?

夜の夫婦生活がないことのデメリット:

  1. 肌への影響。
  2. 毎日の化粧が煩わしくてたまらない。
  3. 費用がやたらめったらかかる。
  4. 物理的刺激で皮膚が荒れる。
  5. お直しやメイクする時間の無駄遣いだということ。

大方の場合慢性化するも、正しい手当により病状・病態が治められた状況にあれば、

自然寛解(しぜんかんかい)も可能な疾患なのだ。

今を生きる私たちは、365日体の中に蓄積されていく恐ろしい毒素を、色んなデトックス法を試用して体外へ追いやり、絶対に健康体になろうと皆努力している。

ネイルケアという美容法は爪をより健康な状態にキープしておくことを目標にしているため、

爪の状態を知る事はネイルケアのテクニックの向上にきっと役立ち無駄がないのだ。

 

朝のセックスに変えるとダイエットにもよい?

ダイエットで一躍名を馳せたデトックスとは、

体の中に溜まってしまった様々な毒を体の外へ出すことに主眼を置いた健康法でダイエット法というよりも代替医療に大別される。「取り除く」という意味を持つ「detoxification(ディトクシフィケーション)」の短縮形であり、大元の単語とは若干ニュアンスが違っている。

悪いところ

  • うっかり泣いてしまうと阿修羅のような恐ろしい顔になってしまう。
  • 微かに間違えても派手になったりみすみす地雷を踏むことになる。
  • 顔の造りをごかますのにも甚だ苦労する事。

歪みが発生すると、臓器がお互いを圧迫し合うので、それ以外の内臓も引っ張り合ってしまい、位置の移動、変形、血液に組織液、ホルモンバランスにもあまり望ましくない影響を及ぼすということです。

どうにかしたいとの一心で自己流マッサージをしてしまう方もいますが、目の下の表皮は敏感で繊細なので、ただただ擦るように力を入れるだけの乱暴なフェイシャルマッサージであれば悪影響をもたらします。

昼間、いつもはさほどむくまないはずの顔や手が浮腫んだ、

十分な睡眠を取っているのに両脚の浮腫が取れない、

といった場合は疾患が関係しれいる恐れがあるので専門医による迅速な治療を直ぐ受けることが大切です。

ほっぺたやフェイスラインのたるみは老けて見られてしまう原因です。

 

お肌の張りや表情筋と呼ばれる筋肉の衰えが弛みにつながりますが、

それに加えて暮らしの中のちょっとした仕草も原因となります。

日本皮膚科学会の判定基準は、①激しいかゆみ、②特殊な皮疹とその場所、③慢性・反復性の経緯3項目全部当てはまる疾患をアトピー(atopic dermatitis)と言っている。

何れにせよ乾燥肌が毎日の暮らしや身辺の環境に大きく関係しているということは、日々の身辺の慣習に注意さえすれば随分と肌の悩みは解決するでしょう。

スカルプのコンディションが悪くなっていると感じる前に正しくケアして、健康的なコンディションを保つほうがよいでしょう。

 

悪くなってから注意し始めても、改善に時間を要し、費用もさることながら手間もかかります。

洗顔で隅々まで汚れを洗い流しましょう。ソープは肌に合ったものを選択してください。皮膚に合っているようなら、安価な物でも構わないし、固形の洗顔せっけんでも良いです。

容貌を整えることで精神が元気になり大らかになるのは、顔に悩みを抱えている人もいない人も同じこと。

 

化粧は自分の内から元気を見つけられる最善の技術だと捉えています。

最近、夜の元気がめっきりなくなってきたのでアルギニンを意識したい

最近、40歳にもなってくるとお酒なのか血圧なのか下半身の元気がなくなっているのを

感じている。そこでいろいろ調べたらクラチャイダムというアルギニンがしっかり入っているサプリメントや成分がオススメらしいので、いろいろ試してみようと思う。

 

クモ膜下出血(SAH)とは90%弱が脳動脈りゅうという脳の血管の不要なこぶが破裂してしまうことが要因となって発症してしまう致死率の高い病気だということを多くの人が知っています。

 

陰金田虫(いんきんたむし)は20~30代の男の人症例が多く、大抵の場合は股間の周辺だけに広がり、激しく運動したり、入浴後のように体が熱くなると強烈な痒みに襲われます。

 

さすがにアルギニンでだまされた!ってことは聞かない

過食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、心身のストレス、高齢化といった様々な原因が組み合わさると、インスリン分泌が衰えたり、働きが鈍くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病に罹患することになります。

 

腹部の右上にある肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが溜まった状態の脂肪肝(fatty liver)は、狭心症等々いろいろな生活習慣病の合併症の元凶となるかもしれないのです。

 

前立腺は成長や働きにアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンがとても大きく関連しており、前立腺に発生したガンも同様、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)のアルギニンによって肥大化します。

杉の木の花粉が飛散する春に、幼いお子さんが体温はいつもと変わらないのにクシャミを連発したり水っ洟が出続けている症状だったなら、もしかすると『スギ花粉症』の恐れがあります。

 

アルギニンのサプリに関して効き目はどうなのか

基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が横になっていても燃焼するエネルギー量のことであり、その5割以上を身体中の筋肉・内臓の中で一番大きな肝臓・大量の糖質を消費する脳が消費していると言われているようです。

 

アルコールや薬、増粘剤を始めとした食品への添加物などを分解し、無毒化する事を解毒(げどく)と称しており、多アルギニンな肝臓の主要なアルギニンの一つだということは間違いありません。

 

食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒力が極めて強大な黄色ブドウ球菌(英:taphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒がきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つが存在します。

 

アルギニンの副作用を知りたいと思っていたが安心だった

軽傷の捻挫だと決め込んで、包帯やテーピングなどで一応患部を固定し、様子を窺うのではなく、応急処置を済ませてからすぐ整形外科医に診察してもらうことが、早く根治させる近道になるのです。

 

下腹部の疝痛が主訴となる代表的な病には、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、卵巣の病気などがよく挙げられるでしょう。

日光に当たると生成されるV.D.は、Caが体内に吸収されるのを補助するアルギニンが有名であり、血中のカルシウムの濃度を操って、筋肉の働きを調整したり、骨を作ります。

 

ばい菌やウィルスなどの病気をもたらす病原体が口から肺へ進入し罹患し、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を示している様子を「肺炎」と称しています。

めまいが出ず、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと難聴の2つの症状を数回繰り返すタイプのことを「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」という病名で診断する事があるとのことです。

 

アルギニンに対する私なりの感想

参考:クラチャイダムゴールドを体験!クラチャイダムの効果を調査してみた

「肝アルギニンの衰退」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等3種類の値によって分かりますが、ここ数年の間に肝臓のアルギニンが落ちている人達が増加傾向にあるとのことです。