活力」カテゴリーアーカイブ

最近、夜の元気がめっきりなくなってきたのでアルギニンを意識したい

最近、40歳にもなってくるとお酒なのか血圧なのか下半身の元気がなくなっているのを

感じている。そこでいろいろ調べたらクラチャイダムというアルギニンがしっかり入っているサプリメントや成分がオススメらしいので、いろいろ試してみようと思う。

 

クモ膜下出血(SAH)とは90%弱が脳動脈りゅうという脳の血管の不要なこぶが破裂してしまうことが要因となって発症してしまう致死率の高い病気だということを多くの人が知っています。

 

陰金田虫(いんきんたむし)は20~30代の男の人症例が多く、大抵の場合は股間の周辺だけに広がり、激しく運動したり、入浴後のように体が熱くなると強烈な痒みに襲われます。

 

さすがにアルギニンでだまされた!ってことは聞かない

過食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、心身のストレス、高齢化といった様々な原因が組み合わさると、インスリン分泌が衰えたり、働きが鈍くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病に罹患することになります。

 

腹部の右上にある肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが溜まった状態の脂肪肝(fatty liver)は、狭心症等々いろいろな生活習慣病の合併症の元凶となるかもしれないのです。

 

前立腺は成長や働きにアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンがとても大きく関連しており、前立腺に発生したガンも同様、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)のアルギニンによって肥大化します。

杉の木の花粉が飛散する春に、幼いお子さんが体温はいつもと変わらないのにクシャミを連発したり水っ洟が出続けている症状だったなら、もしかすると『スギ花粉症』の恐れがあります。

 

アルギニンのサプリに関して効き目はどうなのか

基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が横になっていても燃焼するエネルギー量のことであり、その5割以上を身体中の筋肉・内臓の中で一番大きな肝臓・大量の糖質を消費する脳が消費していると言われているようです。

 

アルコールや薬、増粘剤を始めとした食品への添加物などを分解し、無毒化する事を解毒(げどく)と称しており、多アルギニンな肝臓の主要なアルギニンの一つだということは間違いありません。

 

食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒力が極めて強大な黄色ブドウ球菌(英:taphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒がきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つが存在します。

 

アルギニンの副作用を知りたいと思っていたが安心だった

軽傷の捻挫だと決め込んで、包帯やテーピングなどで一応患部を固定し、様子を窺うのではなく、応急処置を済ませてからすぐ整形外科医に診察してもらうことが、早く根治させる近道になるのです。

 

下腹部の疝痛が主訴となる代表的な病には、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、卵巣の病気などがよく挙げられるでしょう。

日光に当たると生成されるV.D.は、Caが体内に吸収されるのを補助するアルギニンが有名であり、血中のカルシウムの濃度を操って、筋肉の働きを調整したり、骨を作ります。

 

ばい菌やウィルスなどの病気をもたらす病原体が口から肺へ進入し罹患し、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を示している様子を「肺炎」と称しています。

めまいが出ず、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと難聴の2つの症状を数回繰り返すタイプのことを「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」という病名で診断する事があるとのことです。

 

アルギニンに対する私なりの感想

参考:クラチャイダムゴールドを体験!クラチャイダムの効果を調査してみた

「肝アルギニンの衰退」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等3種類の値によって分かりますが、ここ数年の間に肝臓のアルギニンが落ちている人達が増加傾向にあるとのことです。