月別アーカイブ: 2018年12月

デトックスして愛され体を目指す

やっぱりいつまでもきれいにいたいし、ダンナに目を背けられないような

努力は必要だとは思う。そのためには日頃のケアは必要だ。

最近は、全体に気を使っているがなかでも除毛クリームが最近のお気に入り。

参考⇒除毛クリームを通販で買ってみた!ツルツルになるのは極わずかでした

 

これによると、通販では良いものも多いがちゃんとキレイニなるのは少数らしい。

脱毛して、しっかり年末備にえたいですね。

 

身体中にあるリンパ管と並行して流れる血流が滞ってしまうと、

栄養や酸素(O2)が配られにくくなり、最終的には脂肪を増やす大きな素因のひとつになります。

多くの人が「デトックス」の虜になる大きな理由として思いつくのは、私達が生活している環境が悪いことにある。

 

体の調子を整えと、お肌の調子もよくなる

空気や土壌は汚れ、穀類などの食物には作用の強い化学肥料や農薬がたっぷりかかっているとまことしやかに囁かれているのだから無理もない。

運動や入浴で汗をかいて体の中の水分量が少なくなってしまうと

自然に尿量が減らされて体温調節に欠かせない汗用の水分が溜められるために、

この蓄積分の水分が残ったままだと不愉快なむくみの原因になっています。

化粧の悪いところ:

  • お肌へのダメージ。毎日の化粧が面倒くさい。
  • 化粧品を買うお金がかさむ。肌が荒れる。
  • メイクを直したりフルメイクをする時間が勿体ない。

アトピー主因:

  • 家族の病歴と既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、
  • アトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)の中から一つ、もしくは2種類以上)、
  • IgE 抗体を生産しやすいと思われる誘因、など。

そういう場合に多くの皮膚科医が使うのが、

美白化粧品に配合されているビタミンC誘導体である。

 

外用抗菌薬も併せて使うと約半年でほぼ元通りに持っていける患者さんが多いと言われている。

 

美容外科というものは、体の機能上の損壊や変形部の矯正よりも、専ら美的感覚に基づいてヒトの身体の容姿の改善を主軸に据える臨床医学の一種であり、固有の標榜科のひとつである。

マスカラなどのアイメイクを落とす時にきちんと落としたいばかりにゴシゴシと強く洗い続けているとお肌が荒れたり酷い場合は炎症を起こして色素沈着が起こってしまい、目のくまの元凶となります。

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という造語には、体に損傷をこうむった人のリハビリテーションと同じように、顔などの外見に損傷を被った人が新たな社会生活を送るために身につける技能という意味を持っています。

 

美白は95年から99年頃にかけて化粧品会社創業者・鈴木その子が必要性を唱えてブームになったが、

 

それ以前からメラニン色素の増加が原因の皮ふトラブル対策の語彙として用いられていた。

よく美容の雑誌や本には、小顔になって肌が美しくなり、ダイエットにも良いし、デトックス作用が期待できる、免疫力の増進などなど、リンパを流してしまえばあれもこれも好転!という明るい謳い文句が書かれている。

押すと返してくるのが弾むような皮ふのハリ。

 

これを生み出しているのは、みなさんご存知のコラーゲン、すなわちたんぱく質です。

 

バネの働きをするコラーゲンがちゃんと皮ふを下支えしていれば、嫌な弛みとは無縁というわけです。

下まぶたのたるみを改善・解消する方法で有効なのは、顔面のストレッチ体操です。

 

顔面の表情筋は無意識下で固まってしまったり、感情に左右されていることがあります。

よく聞くピーリングとは、役目を果たしてしまった角質層をピール(peel:はぎ取るという意味)することを繰り返して、新しくてきれいな表皮(角質)に入れ替えて、ターンオーバーを正常化する効果の出やすい美容法です。

化粧の良いところ:容貌が向上する。化粧もたしなみのひとつ。実年齢より大人っぽく映る(10代から20代前半の女性の場合)。人に与える自分のイメージを自分好みに変化させられる。