月別アーカイブ: 2019年1月

新年あけましておめでとう!今年は夫婦仲良く

精力を付ける年にできたら嬉しいよ

 

毎年この年明けになると、今年も子供はできるのか?

ダンナとの性生活はどうなのかと心配になる。

若いころは、思うように遊んでいただけで良かったが、今年はアルギニンをたくさん飲ませようとか、マカをたくさん摂取させようとかwそういうことばかり気になってしまう自分が嫌だ。

 

20才を過ぎてから出現する、治りにくい“大人のニキビ”の社会人が増加している。

 

10年という長い間この大人ニキビに悩まされてきた多くの女性が皮膚科の医院にやってきている。

メイクアップでは目立たなくすることに重きを置かず、メイクアップを介して最終的には患者さん本人が自分の容姿を認め、復職など社会生活への新たな一歩を踏み出すこと、かつQOLをもっと高めることを理想に掲げています。

美容外科というのは、要するに外科学の一種で、医療に主軸を据えた形成外科学(plastic surgery)とは違う。また、整形外科と混同されやすいのだがこれも分野の違うものである。

患者さんによってお肌の性質は違いますし、

先天性の要素によるドライ肌なのか、後天性のものによるドライスキンなのかというタイプによって治療方針に関わってきますので、最大限の配慮が必要です。

 

今年は少しメイクを変えてみようか。

メイクアップの欠点:皮ふへの影響。毎日するのは面倒でたまらない。

 

化粧品代がやたらとかかる。

物理的刺激で肌が荒れる。

お直しやフルメイクをする時間の無駄だ。

押し戻してくる弾むような皮ふのハリ。

 

これを保持しているのは、あのコラーゲン、つまりはタンパク質なのです。

バネの機能を持つコラーゲンが安定して皮ふを持ち上げていれば、たるみとは無縁でいられます。

メイクアップの短所:涙が出てしまうとまさに修羅のような恐ろしい形相になる。僅かに多くなっただけで下品になったりみすみす地雷を踏んでしまうことになる。顔立ちをごまかすのには限界というものがあること。

スカルプは顔の皮ふと一続きになっており、額までの部分を頭皮と等しいものと捉えるのはまだあまり知られていません。

 

加齢に伴って頭皮が弛むと、フェイスラインのたるみの主因になります。

「デトックス」術にリスクや課題は無いと言えるのだろうか。そもそも体の中に溜まってしまう「毒素」というのは一体どんな物質で、その「毒素」は「デトックス」の力で排出されるのだろうか?

現代社会に生きるにあたり、体の内部には人体に良くない影響を与える化学物質が取り込まれ、あろうことか己の体内でも老化を促すフリーラジカルなどが生まれていると報じられているらしい。

 

ホワイトニングとは、黒色色素が少ない、より一層白肌を志すというビューティー分野の観念、及びそのような状態の皮ふそのものを指している。

 

主に顔面の皮膚について使用されることが多い。

 

内臓を元気にするということは食生活、つまり精力も元気になる

内臓の元気の度合いを数値で確認することができる便利な機械があります。

『ノイロメーター』と名付けられた機械で、人の自律神経の様子を調べることで、内臓の疾患が把握できるというのです。

デトックスというものは、人間の体の中に溜まっているありとあらゆる毒素を排除させるという古くからの概念を継承した健康法でダイエット法というよりも代替医療に類別されている。「取り除く=解毒」という意味を持つ「detoxification」の短縮形であり、大元の単語とは若干ニュアンスが違っている。

どうにかできないものかと考えた挙句にやみくもにフェイシャルマッサージをする人がいらっしゃいますが、こと目の下は敏感で弱いので、ただただ擦るように力任せのマッサージであればしないほうが無難です。

美容誌においてリンパ液の滞留の代名詞みたいに説明されている「むくみ」には2つに大別すると、体の中に病気が潜伏している浮腫と、何も病気を持っていない健康な人でもよく起こるむくみがあるのだ。